CATEGORY / 未分類

急な失業で生活費のあてが無くなった。

業績の悪化により会社の仕事がなくなりました、給料があてもなく年齢も年齢ですので再就職のあてもなくすぐに働くあてもないのでお金のあてがなくなりました。

お金を借りたとしても焼け石に水の状態ですし直ぐに仕事などを探さないことには生活費が足りなくなってきます、面接を受けるにしても交通費がかかりますのでともかく数をこなして再就職を受けまくりました。

仕事は決まらなく貯金も底をつき始めました、仕事の幅を広げしばらくはバイト生活でも良いと思いバイトを受けましたが時給も低いものばかりですし仕事もきついものばかりですが背に腹は変えれませんので働けることになりしばらくは食いつないでいけるのでなんとかお金に困ることはないでしょう。

でもバイトですのでお金は低く節約して行くしか無いでしょう。

突然の出来事ですのでお金はやはり貯めておくべきですね、金融会社からお金を借りることも考えましたが無職なので借りたとしても返せる保証は無いですのでできるだけ借りないようにしたほうが良いかと思います。在籍確認ができなければ借りられないそうですし。(在籍確認.com

借りたとしても毎月払える事ができるかどうかはわからないからですし浪費は無駄なものだからです。

またいざとなれば日雇いの仕事などもあり金銭は融通できますのでお金を大事に使うべきですし最低限の生活ならばやりくり次第ではせいかつできていけるものだからお金は大事なものです。

借金で精神的に追いつめられたくありませんし精神的に余裕がなくなることは避けたかったですね。

命の危険がない限り借金は避けて生きていきます

私はお金を借りるのは嫌です。「他にどうしようもない」「命の危険がある」という場合以外には借りたくありません。

性格的に気が小さくて、返せなくなったときのことを考えてしまうからでしょう。けれども絶対にお金を借りてはいけないと思っているわけではありません。

金額にもよりますが、学校へいくための奨学金や資格取得のための費用などで、貸してくれる相手が公的機関の場合は許せる借金だと思います。

許せない借金はサラ金、闇金。まあ、これは多くの人がそう思うのではないかと思います。私はクレジットカードのキャッシングもかなり危ないと考えています。

生活費の支払いのためにキャッシングをしてしまうというのは赤信号です。自分で稼ぐ力がある人ならともかく(それでもかなり際どいですよね)、月給取りだと入っているお金が決まっているわけですから、どうやって返すのだろうかと考えてしまいます。

だからカードは持たずに、万が一のときに備えてカードなし借入ができる振込専用のフリーキャッシングにしておいたほうがいいと思います。

これまで私がお金を借りたのは2回。1回は高校、大学へ行くための育英会奨学金でこれは12年かけて返しました。

あと1回は大学生のころ英会話学校へ通うためにローンを組みました。50万ほどの元金が返す時には60万くらいになっており、このとき「もう2度とローンは組むまい」と思いました。

クレジットカードは複数枚もっていますがどこのカード会社でもポイントを増やすとか、プレゼントを差し上げますとかの策でリボ払いを勧めています。

毎月定額を払うだけというのはずいぶんいいような気がしますが、実際やったら「いつまでたっても払い終わらない」ということになりそうです。

借金に押しつぶされない強い人間になるのもよいですが、私には無理そうです。

自分達の結婚式費用は、自分達で貯めました

結婚しようかと決めてから、主人名義の口座を作り、毎月二人で結婚式費用としてお金を貯めていましたね。
結婚を決めてから、結婚式まで1年位期間がありましたから、コツコツと貯めてました。

二人とも働いていましたし、私は実家暮らしでしたので、お給料の半分は結婚資金に回していました。
ボーナスも特に使うこともなかったので、そのまま結婚資金にしてましたね。
主人の方は、一人暮らしで色々とお金がかかるので、私よりは少ない金額でしたが全然気にすることもなく、
お金が余ったら入れるって感じでしたね。

それに、自分達の結婚式なので、自分達でお金を用意するって考えしかなかったですね。
両家も特に、お金を出してあげるって話も何もなかったですしね。
親にお金を借りるっていう考えは、全くなかったです。

とにかく、結婚できることが嬉しかったので、私が特に結婚資金集めに積極的でしたね。
お給料をもらっても、なるべく使わないようにして、結婚資金を貯めなきゃって感じでどんどん貯めていました。

おかげで、結婚資金が足りなくなることもなく無事に結婚式を挙げることができました。

loading
×