26歳 女 宝くじを買わずに宝くじの恩恵を受ける方法を見つけた

 26歳の女です。CMなどでよく目にする宝くじですが、みなさんは買っていますか?私は、宝くじは買わないと決めています。

 大学で統計学を学んでから、宝くじの当たる確率の低さに唖然としました。お金を集めて、その中からあたった人にお金を全額渡すようなイメージでしたが、そこから人権費も引かれ、場所代も引かれ、さらに社会貢献にまで活用しているのだから、それは当たるわけがないと思っています。

 さらに、「ここは良く当たる」という窓口も、なぜそんなに当選者が多いのかは、学校で学んでいる人ならすぐわかるはずです。それは単に、そこで買っている人の数が多いからです。

 わたしも一度、日本一当たると言われている銀座の宝くじ売り場に年末行ったことがあります。興味本位で並んでみたのですが、本当に100人以上の大行列ができており、お祭りのようでした。そこで生まれて初めて宝くじを買いました。

 もともと、宝くじは当たらないものと思っていたので、3枚だけ購入しました。もし当たるならば、1枚でも当たるはずですから。(一応前後賞用に計3枚)結果はもちろん、当たりませんでした。かすりもしませんでした。一緒にいた友人は、宝くじが当たると思って夢見ている子だったので、20枚ほど買っていましたが、やはり当たりませんでした。下一桁の当たりはあったようですが、それは絶対当たるものなのでノーカンで。

 もうこの時点で、私はその子よりお金を得していることになりますよね。私はこの出来事で「宝くじを買わないことが、一番得なのだ」という結論に至りました。

 宝くじを買いたがる人は「買わないと当たらない」ということを良く言いますが、私に言わせれば「買わないと損をしない」のです。しかも買わないだけで、損をするリスクはなくなるので、買う意味はないと思っています。「もし当たったら、買わない方が損だ」という意見もありますが、そもそも「当たるかもしれないお金」というのは架空のものにすぎません。

 もし仮に、友達だけが買って高額当選した場合には、きっとその友達は私にも分けてくれると思っています。たとえ直接現金でなくでも、友達の気が大きくなって、間接的に私にも還元されると思っています。そうすれば、自分の懐は痛まずに宝くじの恩恵を受けられる可能性もあるので、「宝くじを買わないこと」はどうしても辞められません。