26歳女性、子供の為にと思う様になり購入をやめました。

私は26歳の会社員で現在は結婚し子供も授かり、私と旦那と子供の3人家族どたばたしながらも仲良く暮らしています。
私は独身の頃からスクラッチや年末ジャンボなどの宝くじを購入するのが好きで、よく買い物先のデパートやスーパーなどに併設されている宝くじ売り場を見かけては購入する予定ではなかったのに立ち寄って購入してしまう…という事が頻繁にあり、一度に購入する枚数等は10枚入りのもの一つなどそんなに多くはないものの両親からはまた買ってきたの?と呆れ気味に言われることもしばしばでした。それだけ高頻度で宝くじを購入しているから当たっているのかというとそういう訳ではなく、スクラッチもくじも当たっても千円程度、また連番やセットで購入した際に必ず1枚は入っている2百円程の当たり等がいいところという結果ばかりでした。私自身は当たればいいな程度で、スクラッチを削ったり当選発表までのわくわく感等を楽しんでいるタイプだったのですが結婚して子供が生まれてみるとその考えも一変。いままで特に深く考えた事はなかったのですが、宝くじを購入する際一度に使う金額は約2千円程。1枚は当たると言っても2百円なので実質1800円はほぼ確実に消えています。その1800円で子供の洋服からおもちゃ、食べたがるお菓子などがどれだけ買えるだろうかと考えるようになってからは宝くじを購入する事に強い抵抗を持ってしまい、やめてしまいました。

実際購入をやめてみてその分を子供の為や貯金などに回したりなどするようになった為、結果的には当たるかわからない宝くじに考えなしにお金を使っていた事にも気付けたので良かったのかなと思っています。宝くじは形や仕組みは違えども、パチンコやスロットと同様当たるか外れるかの娯楽である事には違いないと思うので、私のように毎度毎度購入を繰り返すと思わぬ出費額を出している事もあります。たまに息抜きやちょこっと試してみようかなといった程度でほどよく楽しむのが一番良いと思います。