29歳男 「どうせ当たらない」と思い買うのをやめました

 こんばんは。29歳の男性です。職業としては現在、自営業(フリーランス)をしております。

 そんな僕は意外と頻繁に宝くじを購入して、「当たらないかな?」「3億円!」なんて考えておりましたが、当たったためしがありませんでした。(笑)

 とりあえず300円は当たるという始末です。

 しかしながら、そんな事にめげずに去年の冬も宝くじを購入しました。しかも1万円分なので、僕にしては結構頑張ったほうです。

 ところが全部惨敗・・・またしても300円という結果でした。(笑)

 友人とあけおめのメールのやり取りや電話のやり取りを、正月にしました。

 その時に友人が「俺なんて5万円分買ったのにさ・・・全部ハズレ300円しか当たらないのよ」と言われた時に、なんだか「急にバカバカしくなって」しまいました。

 そこで僕も「もういいや!」となってしまったのです。

 なので今年に入ってからは、宝くじの「た」の字も購入しておりません。

 自分の年なのでしょうか・・・「1万円を出して全部ハズレたらどえらいことだ」なんて考えるようになりました。ましてや、友達のように5万円分を買うなんて、大博打もいいところと考えるようになりました。

 こう思った心情としては、上記にも書きましたように「年だなぁ」とは思いますが、脳みそが「ビジネス脳」に転換された感じがします。

 「そんな大博打するよりも、自分のスキル・知識・を高めて稼いだほうがいい!」という脳みそになっている気がします。

 現に今年に入ってからは、「仕事!仕事!仕事!」という事しか頭のなかにありません。

 後悔していることとしては、以前の自分に言ってやりたいことがあります。

 「そんな無駄なお金使うなら貯金するか、スキルや知識向上に投資しろ!」と言ってやりたいです。

 正直申しまして、「なんて馬鹿なことをしていたのだ」と思っております。まぁ。若気の至りということもありますが、もう少し早く気が付くべきでしたね。

 良かったこととしては、バカバカしいと感じてからは、仕事に精を出すようになりました。

 「働くのが楽しい!」のです。

 最後にアドバイスとなりますが、若いうちは色々な博打をしたり、宝くじで当てたい!なんて思ってもいいと思います。

 しかしながら、自分の様に年齢が30近くになってきたら考えものです。

 「宝くじを買うメリットは?」「逆にデメリットは?」なんて考えてみることが大切だと思います。

 落ち着いて自分らしく、稼いでいくのが手っ取り早いと気が付くと思います。