33歳 女 夫の宝くじで運がないと確信。

もともと、くじ運はない方だと自覚はしていました。
ゲームや懸賞など、運がいるものはとことん外れている傾向にあり、家族内も年賀状のお年玉抽選も切手だけの年しかありません。
そういう人生を送っていたため、宝くじなんて、あまり縁のない生活をしてきました。
そういえば、宝くじを祖母にもらったことがあると、今思い出したのですが、やっぱり当たっていない、と記憶しています。
私自身、宝くじは買わない人生、見ることもない人生だと思っていたのですが、人との出会いによって変わるんですよね。
私の夫になる人が、付き合っている当時から、ロト、宝くじ、スクラッチ、などそういう運でお金が入ってくるものに興味が強い人でした。
付き合っているときは、彼のお金なので、もったいないな、とは思うのですが、嫌われたくないというのもあり、好きにさせていました。
彼は彼で、お金が絡んだものに運がないタイプでした。
優しくて面白い人だったのですが、考えが足りないというか思いつきで行動することが多い人でした。
そんな彼と結局、何年か後に結婚し、子供の妊娠中の出来事でした。
産前に実家へ里帰り出産のため帰省している際、夫は仕事がちょうど忙しい時期でした。
そんなとき、何を思ったのか宝くじを買ったそうなのです。
偶然、出産後に子供を連れ、帰ってきたときに掃除でもしていたんでしょうね。
夫の部屋から宝くじを見つけました。
もちろん、どうしてなのか、聞きましたら、ストレスがたまっていたという返事でした。
個人的に夫婦の財産を運要素の強いものに使うというのは、どうかと思うところがありましたので少し機嫌が悪くなりましたが、自分には縁がない宝くじに少しドキドキというか期待感もあったのも事実です。
抽選の日も少し緊張し結果を待ちました。
子供も出来たし、少しは運があるんじゃないか、とか考えていました。
しかし、やはり運はなかったですね。
何も当たらずに終わり、ああ、私の人生は宝くじに縁はない、そう思いました。
直感を信じるではないのですが、運に任せるより、自分たちの力でコツコツ生きて行けたらいいのかな、と今は思っています。