44歳男性 くじにかすりもせず外れ続けて嫌になった

私は昔から当て物が大好きな44歳フリーターです。脳に障害があります。私は宝くじも好きでちょこちょこ買ってきました。私が宝くじを買わないことにしたエピソードについてお話しいたします。
私は2018年の年頭から2019年の4月までインターネットののサービスで宝くじを買っていました。買っていたといっても金額的にはごく少額です。ナンバーズやロト、やBIG、年末ジャンボの類いも買いました。すごく散漫なだらしない買い方をしていました。
宝くじは愚か者の税金と一部でよばれているのは知っていましたが無視して細々と購入を楽しんでいました。宝くじの類いはほとんど外れるという知識はありました。結果は本当に酷いものでした。
かする気配もありませんでした。かする気配も無いまま外れ続けます。最初はそういうものと思っていた私もだんだん嫌な気分になって行きました。たいていの人は外すにしても少しぐらいかすったりするものです。しかし私の場合は全く当たらなかったのです。そして当たらなかったときの嫌な感じ。体調がいいときは問題ありませんでしたが、そうでないときは結構こたえました。
こうなったら嫌な気分になるために毎回宝くじを買っているようなものです。
その頃に樂天証券のサービスを見ました。ごく少額から投資出来るサービスです。しかも投資すると楽天のポイントが増えるという内容です。
私は今までドブに捨てていたお金で投資することにしました。これも一種の当て物感覚ですが、投資額が0にはなかなかなりませんし、ポイント増ぶんもありがたいのです。
そしてこれならぎりぎり当て物に近い。
宝くじに外れたときのあの嫌な気分をするよりは絶対にマシなはず。そう思い宝くじに使ってきたお金を楽天証券に使うようにしました。
運用結果は週五日更新されるので楽しいです。毎回見るわけではありませんが、ゲームのスコアを見ている感じで楽しいです。宝くじはやめました。後悔はありませんが勉強になりました。かすりもしなかったときの嫌な気持ちは勉強になりました。