31歳男 当たる気がしない

私の宝くじ購入歴をざっくりと振り返ると、ロト6を約2年、その後ロト7を約4年、たまにtoto BIGという感じで、年末ジャンボやサマージャンボは買った記憶がありません。
自分で数字を選ぶロト系が好きだったんでしょうね。
たしかにロトなら「当たった」ではなく「当てた」という感じで当選の達成感が違う気がします。まあ当てたことは大してありませんが。

そのロトも、もう3年以上買っていません。
その理由は「もったいない」ということになります。
毎週2口600円程を継続して買っていましたが、この程度の買い方ではまったく当たる気がしないこと、かといって毎週何千円も買うほどの勇気も余裕もありませんでした。

ちなみにロト6もロト7も、初めて買った一発目に当選しています。
金額は1000円と1万円だったと思いますが、いきなり当たってしまったことで「いつか一等いけるぞ」という夢を見てしまったのかもしれません。
そういえばスマホのアプリで、初めのうちに勝たせることでゲームにハマらせ、その後に勝てなくなるように仕向けて課金へと誘導する手法が行われていると聞きましたが、それに近い状態ですかね。

宝くじを買うのをやめようと思ったのは、実際に売り場でロトの数字を選んでいるとき、ふと「やっぱやめた」となったのですが、後日、購入するはずだった数字を「もしかしてあのまま買っていたら当たってたりして」と、よせばいいのに当選番号を確認。
1000円の当たり。
やっぱりこうなりますよね。これで数億円当たっていたら誰を恨めばいいのやら。

私は毎週600円ほどのチビチビとして購入の仕方でしたが、長いスパンで見ると、年間約3万円も買っていることになります。
3万円あれば1年分のスマホ代(格安)を補えるし、ボロくなった炊飯器を買い換えられるし、やめてよかった。
と思う反面、でももし7億当たったら…とたまに考えて止まらなくなってしまうので、購入再開の日も近いかもしれません。