35歳男性 損をしていると思ったから

はじめまして、私は三十半になる。男性です。
年末ジャンボ宝くじが当たったのがきっかけでナンバーズやロトを買うようになりました。
その時はとてもうれしかったので高額を当てたのが過去のなかでもなかったので
それからはまりました。後悔があるのはやはり損している方が多いのでやめどきを見極めることが
出来ればもっとマイナスにならずに済んだのかなと思います。良かったと思うことは宝くじが当たるかも
と思う期待感とワクワクとドキドキする時間を味わえたことです。
魅力は毎回、当たるかもしれないという、楽しみが一番の楽しみです。今まで高額当選した経験は少しですが一等が当たれば億万長者になれると毎回、毎回おもえたのが、一番の買い続けていた。理由になります。
私は宝くじを買い始めたのがここ五年くらい前になるんですが、始めに言ったことですが年末ジャンボで当てた五万円が最高額です。それ以降、それ以上の額は当たっていません。もう買うのをやめようと思いましたが購入する額を下げて今でも少しずつ買っています。
それでもなかなか当たりが来ませんがだんだん分かってきたのが当たることのできる条件が
くじ運だと言うことです。それから数をいくら買っても当たりません。時の運です。
多分、それ以外ないのだと私は思います。買っているすべての人に言えるのが宝くじを
当てるには数を多く買うのではなく、その時のタイミングと番号が重なったときにはじめて夢がかなう瞬間が訪れると思います。単純ですがそれ以外ありません。一見、難しく思えますがシンプルにタイミングと
その時の運がものをいうと思います。
この文面をみた方は宝くじを買う方、やめる方にアドバイスがあるとしたらやめ時、引き際が一番大切です。もう損をする買っても当たらないと思った時はお金をドブに捨てるようなものなので、買うことをやめるのをおすすめします。あとは当たる前兆があると思ったらその時は買うタイミングです。やめ時を見極めて買うのをやめるのも一つの手です。ドブに捨てるくらいなら、買うのをやめることもおすすめします。